YAMAHA ルーター

YAMAHA RTX系ルーター初歩的コマンド(TeraTerm)

#ネットワーク
written by 神聖眼鏡くん

どうも神聖眼鏡デス!GW終わって5月はあっという間で6月!すっかり暑くなってきましたね〜
私はデスクに小さい扇風機置きました。笑
業務でYAMAHA RTXルーターを初めて触る機会があり、備忘録がてら初歩的なコマンドをご紹介したいと思います。

基本

administrator


このコマンドを発行してからでないと、ルーターの設定は変更できません。また操作コマンドも実行できません。

save

設定変更を保存します。忘れてはいけなやつです。

restart

ルーターの再起動をします。saveコマンド後などrestartし、電源が切れても設定が保存されていることなど確認するといいかもしれません。

quit

ルーターへのログインを終了、または管理ユーザーから抜けることができます。
また、管理ユーザーでsaveしてない場合、設定を保存するかYESかNO聞いてくれます。

コンソール表示の設定

console lines [lines]

コンソールに表示される行数の設定します。
[lines]には設定値が入り、10~100(行) またはinfinity(すべて表示)を設定します。
show logなどでログを見る場合はinfinityを設定した方がいいです。
例:console lines infinity

console prompt [prompt]

ルーターに名前をつけてあげるイメージです。[prompt]には任意の表示名を入力します。
複数台設定などする場合に、迷子にならないためにもプロンプトの表示名を変えます。
例:console prompt Test_Router01

login timer [time]

キー入力がない場合にログアウトするまでの時間を設定します。
設定値
・120~21474836 ( Rev.10.00 系以降 )
・30..21474836 ( 上記以外 )
・clear(ログインタイマーを設定しない)
例: login timer 9999 (キー操作が9999秒ない場合コンソールからログアウト)

SHOWコマンド

show config

設定されたすべての内容を表示します。

show log

ルーターの動作状況を記録したログを表示します。
show log reverse でログを逆順(最新)に表示できます。

show ip route

経路情報テーブル全体を表示します。
IPアドレスなどの確認ができます。

おわりに

今回は、超初歩的なコマンドの紹介をしましたコマンドはすべてこちらに詳しく記載されています。
是非活用してください。またキムキムさんがCisco機器のコマンドも紹介していますのでこちらも是非みてください。
Cisco機器を操作するときの初歩的なコマンドをご紹介!(TeraTerm)

ではでは〜