スネークケース キャメルケース

スネークケース、アッパースネークケース、キャメルケース、アッパーキャメルケース、パスカルケース、ケバブケースの違いを説明

#技術系
written by 神聖眼鏡くん

どうも神聖眼鏡です。
今回はスネークケース、アッパースネークケース、キャメルケース、アッパーキャメルケース、パスカルケース、ケバブケースの説明をしていきます。

変数名などを現場やフレームワークのコーディング規約で統一しなくてはならないと思いますが、「スネークケースでおねがいます。」
「キャメルケースでお願いいたします。」と言われた際に、ぽかんとならないよう理解しておきましょう。

スネークケースとは

スネークケースとは、snake_case といった単語間をアンダーバーでつなげる表記方法です。
見た目が蛇っぽいところから名前の由来となっているそうです。

要点

・すべて小文字である
・単語間をアンダーバーでつなげる
・(例) the_first_take

アッパースネークケースとは

アッパースネークとは,UPPER_SNAKE_CASEといった単語間をアンダーバーでつなぎ、全て大文字で表現する方法です。
先程のスネークケースとの違いは大文字か小文字を使用しているのかになります。

要点

・すべて大文字である
・単語間をアンダーバーでつなげる
・(例) THE_FIRST_TAKE

ケバブケース

ケバブケースとは、kebab-caseといった単語間をハイフンでつなげる表記方法です。
先程紹介したキャメルケースはアンダーバーですが、こちらはハイフンでつなげます。

要点

・すべて小文字である
・単語間をハイフンでつなげる
・(例) the-first-take

キャメルケースとは

キャメルケースとは、camelCase といった単語の先頭を大文字にしてつなげる表記方法です。

要点

・単語の先頭を大文字にしてつなげる
・最初の単語は小文字にする
・(例) theFirstTake

アッパーキャメルケース

アッパーキャメルケースとは、 UpperCamelCaseといった単語の先頭を大文字にしてつなぎ、先頭の単語も大文字にする表現方法です。
先程紹介したキャメルケースと似ていますが、最初の単語も大文字になっているものがアッパーキャメルケースです。
パスカルケース(PascalCase)とも呼ばれています。

要点

・単語の先頭を大文字にしてつなげる
・最初の単語も大文字にする
・パスカルケース(PascalCase)とも呼ばれている。
・(例) TheFirstTake

おわりに

ちなみにどの表現方法がおすすめとかありませんので、自分一人でコーディングする場合は変数名はスネークケース、定数はキャメルケースなどはじめに決めるようにすることで、
見やすいコーディングや修正しやすいコードへと繋がりますので意識いたしましょう。
それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

  • トップページ
  • ブログ
  • スネークケース、アッパースネークケース、キャメルケース、アッパーキャメルケース、パスカルケース、ケバブケースの違いを説明