matigai

【正しい敬語】よく聞く敬語は間違いだらけ!知らないうちに恥をかいているかも、、

#ビジネス系
written by ミニくん

こんにちは!ミニくんです!

本格的に寒くなってまいりました、、!
街中でもコートを羽織る人がかなり増えましたね。

さて、今回はみんなが意外と間違っている敬語についての記事を書いていきたいと思います!
社会人になった今では嫌でも使わないといけない敬語ですが、
みなさんはどのようにして敬語を覚えましたか?
割と誰かが使っているものを真似て覚えたという方が多く、
専門的な書籍を購入して覚えました!」
という方はかなり少なめだと思います!
私もほとんどが人が使っている言葉の真似をして覚えておりました、、、
しかし、それが本当にあっているかを確かめないと知らないうちに恥をかいてしまっている可能性があります、、!
今回は意外と間違えて使っている可能性の高いものをピックアップして紹介していきます。

そもそも敬語とは

学生の頃だと何となく「先輩には敬語にしなきゃ」や「大人には敬語を使おう」等、
敬語を使うタイミングが割と明確だったのでそんなに困りませんでしたね。
いま一度敬語についておさらいをしましょう!

■敬語とは
主体(書き手、話し手など)とその相手(読み手、聞き手)やその話題中の人物との社会的関係(親疎、権力の大小)と態度を表す言語表現である。
Wikipedia参照

とのことです。
まぁ何となくイメージは沸きますが、今は社会的関係が上だから~とかではなく、
初対面の方であればまずは敬語!となんとなく意識できてますよね。

さて、次でビジネスシーンで使う敬語の中で結構聞く敬語について、
「あれ?これ違和感あるな」というものをピックアップして紹介していきます!

間違って使われている敬語について!

それでは、意外と間違って使われている敬語を紹介していきます!!
会話だけではなく、メール等の文章でも使いがちなものもありますので、是非参考にしてみて下さい!

✕【了解しました】→〇【承知しました】
これは結構有名ですね。
基本的に目下と思っている人に使う言葉です。
目上の方等に敬語として使いたいのであれば承知しましたを使いましょう。

 

✕【すみません】→〇【申し訳ございません】
これもよく聞きますね。
すみませんと言ってもそこまで悪い印象は与えませんが、若干砕けた言い回しとなります。
謝罪の際は申し訳ございませんを使いましょう


✕【おっしゃられる通りだと思います】→〇【おっしゃる通り】
これは少し難しいですね。
丁寧に伝えたいという思いはわかるのですが、丁寧にし過ぎて重複言葉になってしまっていますので、
相手の言葉に同調する際はおっしゃる通りを使いましょう。

 

✕【拝見致しました】→〇【拝見しました】
これもたまに聞きます。
「見る」の謙譲語が「拝見する」になり、更に「する」の謙譲語が「致す」となります。
すなわち過剰な表現となってしまう為、拝見しましたを使いましょう。

 

✕【お伺いします】→〇【伺います】
これも私、、使ってました、、、
【お】をつけるときは相手の行動に対して尊敬する時の表現です。
自分の行動に【お】をつけてしまうと自分に対して尊敬する形となるので、変な表現になってしまいます。
自分が相手先に行くときは伺いますにしましょう。

 

△【とんでもございません】→〇【とんでもないことでございます】
これ、、良く聞きませんか?
実はこれは敬語としては成立していないのです!
「とんでもない」で一つの言葉な為、「とんでも」だけでは言葉として成立しません。
その為、「ない」だけを切り取って「とんでもございません」と言い換えることはできないのです。
、、しかし、今では「とんでもございません」が使われることが多すぎて文化庁の敬語指針の中でも問題ないとされております。

最後に

さて、皆さんは何個か当てはまりませんでしたか?
普段周りの人が使っている為に聞きなれてしまっているという点から、
違和感を感じる事は少ないかと思います!
しかし、いざ調べたりしてみると過剰な敬語になっていることが多くある為、
聞いたことを真似するだけではなく、真似する前に一度「この敬語の使い方はおかしくないかな?」と疑問を持ち
使う前に調べてみるのが良いかと思います!
私もメールで文章を作成する際に調べながら作成することがあります、、、(笑)

下記リンク先で普段から使いがちな【間違った敬語】についてわかりやすく記載されているので、
ふとした会話で疑問に思った際やメールの文章作成で困った際は参考にしてみて下さい!
間違えやすいビジネス敬語70選